体の不調が気になったらサプリで解決【サプリで快適人生】

早めに改善

糖尿病の症状の種類とは

糖尿病は、主に生活習慣が原因で起こる病気です。 しかしなかには、遺伝子の異常や肝臓やすい臓の病気や感染症などを引き起こした事が原因になることもあります。 糖尿病になると、体内の血糖値が高くなることにより、体内にエネルギーをうまく運べなくなります。 体内の血糖値を下げるホルモンであるインスリンが不足したり、うまく働かなかったりすることが原因です。 糖尿病の症状として最もよく知られているのは、のどの渇きと尿の回数が増えることです。 糖尿病は、大量のブドウ糖を体外に尿として排出してしまいます。 その為に尿の回数や量が増え、のどが渇きやすくなるのです。 また、体重が急に落ちるのも、糖尿病の症状です。 食べても、ブドウ糖を栄養素として上手く体内に取り入れられないからです。

合併症のリスクもある

ほかの症状も、食べたものをエネルギーとして使えないために起こるものが多いです。 全身がだるく、疲れやすいとか、立ちくらみなどの症状があるのもそのためです。 手足のしびれや目がかすむなどの症状もあります。 これらは痛みや違和感を伴わないために、自分では気が付かないこともありますが、糖尿病は放置していると、合併症を引き起こしてしまいます。 腎臓に障害が出て、人口透析をしなけれないけなくなったり、視覚障害が進んで失明する恐れもあります。 また、合併症から高血圧を併発し、高血圧の病気になるリスクも増えます。このような症状を酷くさせてしまう前に、健康食品で栄養バランスを整えるのもいいですし、サプリメントで毎日簡単に必要な栄養成分を摂取するのもいいでしょう。